共働き家族ののほほ~ん日記

横浜市港北区在住。現在4歳と1歳の子を持つ共働き家族です。パパが昨年キャンプに目覚め、初心者ながら家族で楽しんでいく予定。お出掛けレポートや子育てについて書いていきたいと思います。

四歳児と一歳児がいる共働き家族の1日

4月末に復職し、GWも明け、少し落ち着いてきたので
私達家族の1日の流れを書いてみたいと思います。

前提として、家族の状況から説明します。

あずママ➡独身の頃から勤めている会社で会社員。今は時短勤務で9時30分~16時30分の勤務。2度の育児休業をさせていただき今に至る。

あずパパ➡同じ会社に勤める会社員。
システムエンジニアなので、大変なプロジェクトを抱えていると毎日深夜まで残業。
現在は仕事が落ち着いているので、遅くても9時までには帰宅している。

長男が産まれる直前に、私の実家の近くに引っ越しできたので、2人とも都内までの通勤時間が一時間半かかります。これがイタイ。

ただ、子供たちの病気の時や、仕事で外せない場合は自分の実家に頼らずには乗り切れません。

母も働いているのですが、平日休みのある仕事なので休みの日はお迎え等をお願いしています。

また普段から気軽に行き来できるので、子供たちもおばあちゃん大好きで、よく見てもらっています。
これは私達が共働きしていく上で、かなりの助けになっています。

実家には75歳になる私の祖母も住んでいるのですが、まだまだ元気なので一歳児の面倒を見てもらうこともあります。


《1日のスケジュール》

朝🐔
5時30分 あずママ起床

夜に干しておいた洗濯物をベランダへ出し、まずは自分の身支度から始める。

ゴミ出しをする。

5時50分 あずパパ起床

あずパパは神棚と仏壇のお供え物(お水等)を朝一で取り替える。

6時00分 四歳児起床

四歳児はいまだに起きると「ママー!」と叫んで呼ぶ

6時15分 朝食

6時30分 一歳児を起こす

起こす前に起きて泣くときもある

7時00分過ぎまでに
朝食の片づけ、子供たちの着替え等を済ませる。
 
一歳児の保育園の連絡帳を書く。

夕食の支度をできるところまでやる。
大体、帰宅してから温めて食べるだけの状態にしていきます。

7時10分 あずパパ出発

7時25分 あずママと子供たち保育園へ出発

保育園は自転車で3分ほどの距離。7時30分から延長料金無しで預けられます。
 
一歳児はまだまだ朝は泣いています。
ちなみに四歳児は3歳(年少さん)でもたまに泣いていました。

7時45分 保育園を出発

9時20分 会社到着



夕方🌅
16時30分 会社出発

17時50分 保育園到着

18時00分 家に帰宅

家に着くと一歳児は甘えたいのかおっぱいをのみます。その間四歳児にはEテレを見せています。

18時30分 夕食
お風呂をわかして、夕食の片付け。

19時00分過ぎ お風呂へ入る

お風呂に入るとき脱いだ洋服をいれたら、すぐに洗濯機を回し始めます。

20時00分 一歳児の歯磨き&寝かし付け

四歳児は録画してあるディズニー映画を見るのが日課になってしまってます。ついテレビに頼りがちになってしまうのをどうにかしたいところです。

一歳児を寝かせたら翌日のの支度をしてしまいます。
・翌日の保育園の持ち物準備
・あずママと子供たちの翌日の着替えと夜のパジャマをリビングに置いてある専用のboxにドサッといれておく。
・朝ご飯を作っておく(米を炊く)
・夜ご飯の下ごしらえをする(野菜を切ったり、みそ汁のだしをとっておいたりします。)
・洗濯物を部屋に干す

21時00分 四歳児の歯磨き&寝かし付け

やり残したことがあれば四歳児が寝た後に片付けます。あずパパが早く帰宅していればあずパパに翌日の支度をお願いするときもあります。

22時00分 あずママ就寝
世間的には早い就寝時間だと思いますが、この時間にはもう力尽きて電池が切れたようにパタッと寝てしまいます。




こんな感じで毎日を過ごしています。
平日は最低限のことをして、土日にできることは土日にまわしてしまいます。
洗濯物は毎日干しますが、畳んでタンスへしまう余裕がないときはそのまま山盛りに起きっぱなしです。
ご飯も手の込んだ物は作れません。

子供たちの面倒を見ながら全てを完璧にこなすことはできません。
睡眠時間も大事です。

旦那や実家の協力は必須です!

以上が我が家の1日の流れでした(^-^)